本物のプロフェッショナル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「もう五年生きていたら、
本当の絵描きになれる。
」    

 

(葛飾北斎 浮世絵師

 

葛飾北斎は、88歳で没するまでに「富嶽三十六景」
「北斎漫画」など、3万点に及ぶ作品を残し、
世界的にも著名な画家です。

 

中でも、北斎の作品は、ゴッホ、
ルノワール、モネなどの印象派の
画家にも大きな影響を与えました。

 

北斎は、ひとところに留まることを
ひどく嫌う性格だったようで、
「北斎」以外にペンネームが30個もありました。

また、転居回数も常軌を逸しており、
生涯に93回引越ししたと言われています。

 

そんな奇行で知られた北斎でしたが、
画家としての実力は随一であり、
その画力の評判を聞きつけた将軍家斉に
召し出され、即興で絵を描くという栄誉を
与えられたこともありました。

 

「もう五年生きていたら本当の絵描きになれる」
というのは、臨終のときを迎えた北斎の
最期の言葉です。

息を引き取る寸前にして、まったく衰えを見せぬ向上心。

これを「本当の絵描き」と呼ばずして、何と呼べばよいのでしょう。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す