伝える力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「難しいことを易しく、
易しいことを深く、
深いことを面白く。」

 

(井上ひさし 小説家)

 

難しいことを易しく伝えるには、
2つのステップが必要です。

1つ目は、難しいことをきちんと理解する
というステップ。

2つ目は、その難しいことを自分の脳内で
「易しい言い回し」に変換するという
ステップです。

難しいことを易しく伝えるには、
それなりの知性とボキャブラリーが
要求されます。

一方、難しいことを難しく伝える人は、
お世辞にも頭のよい人とは言えません。

なぜなら、聞き手のことを慮(おもんばか)って
「平易な言い回し」をセレクトするだけの
知性と人間性に欠けているからです。

しかも、難しい言い回しが常態化している人は、
周りの人たちから敬遠されます。

つまり、「伝える力」の欠如は、
人間関係に亀裂を生じさせる原因にも
なりかねないのです。

ただ難しいことを易しく言い換えるだけでなく、
その深さまで伝えられるようになれば、
文句なしに達人と言えます。

さらに、その深さを掘り下げて面白く伝えることが
できれば、もはや名人の境地です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す