刃(やいば)を磨く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「もし、木を切り倒すのに
6時間与えられたなら、
最初の4時間は斧を研ぐのに
費やすだろう。

 

(エイブラハム・リンカーン 米・元大統領)

 

 

話が面白くて、一緒にいても退屈しない人。

年齢の割に若々しく、いつも溌剌(はつらつ)
としている人。

いつも心が落ち着いていて、懐の深さを
感じさせる人。

性別・年齢を問わず、こうした特性を備えた
魅力的な人というのは、ごく少数ながら存在している
ものです。

こうした人々の特徴は、1日の中に
「自分を磨く」時間を設けていることです。

毎日、黙々と体を鍛えていたり、常に本を持ち歩いて
読書に勤しんでいたり、瞑想で心を整える習慣を
持っていたり、と人により様々です。

彼らは自分という資産に投資することが、
やがて大きなリターンとなって返ってくることを、
よく理解しています。

普段から、(やいば)を磨くことを怠らないからこそ、
「快刀乱麻(かいとうらんま)を断つ」ことができるのです。

どんな名刀でも、常に磨きをかけていなければ
たちまちのうちに切れ味が鈍ってしまうように、
自分に磨きをかけない人は鈍(なまく)ら刀として
しか生きられないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す