2つ上の視点を持とう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「上司、そして、さらに
上の役職者と付き合うことに
よって、ビジネスマンは視点の
高さを手に入れられます。
視点が高ければ、時間の
とらえ方が多角的・広角的になり、
仕事の幅も出てきます。」

 

佐々木常夫 元東レ社長)

 

あなたの仕事のお客様は誰ですか?

「商品を買ってくれる人?」

「お店のレジに並んでいる人?」

いいえ、違います。

あなたの仕事の本当のお客様は、
「あなたにお金を支払ってくれる人」
です。

つまり、サラリーマンだったら、
たとえば社長や店長こそがあなたにとっての
本当の「お客様」というわけです。

顧客満足とは、目の前のお客様だけを
大切にすることではありません。

上司や社長の思いを大切にしながら
働くことが、
ひいてはすべてのお客様の
満足につながっていくのです。

そのためには、今の役職より2つ3つ上の
役職になったつもりで、仕事に取り組む必要があります。

要するに、視点の抽象度を上げるのです。

面白いことに、上の役職になったつもりで
仕事をしていると、自ずと実際の役職まで
上がらざるを得ないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す