計画はザックリでいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「1年かけても分からなかった
ことが、走り出してみたら
1日で分かってしまう
こともある。
100%を目指してじっくり
と準備するよりも、
60%の段階でとりあえず
走り出せ。」

 

(戸田智弘 教育者)

 

「石橋を叩いて渡る」タイプの中には、
いつまでも「準備中」の看板を掲げて
一向に動き出さない人がいます。

彼らの言い分はこうです。

「いつか100%の準備が整えば
始めるつもりだ」

しかし、その「いつか」は永遠にやってきません。

なぜなら、準備というのは完璧を期せば
期すほど、際限がなくなってくるからです。

結果、人生を「準備中」の看板を掲げたまま
何も勝負せずに終わってしまうのです。

もしも、そんな人生はまっぴらだと思うならば、
以下のアドバイスに従ってください。

まず、計画はポイントを押さえてザックリと
60%立てれば十分です。

次に、とりあえず計画通りに動いてみる
ことです。

すると、必ず上手くいかない点が見つかります。

そこを修正したら、また次の段階に向かって
動き出すのです。

このように、計画は実際に動きながら完成させていく
ものなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す