自分のために頑張る人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分のためにやるからこそ、
それが自分のためになるんで
あって、『チームのために』
なんて言う奴は言い訳する
からね。
オレは監督としても
自分のためにやっている人が
結果的にチームのためになると
思う。
自分のためにやる人がね、
一番自分に厳しいですよ。

 

(王貞治 元プロ野球選手)

 

「チームのために」というのは、雇われ人の発想です。

チームという「逃げ場所」を残しているところに、
心の甘さが見え隠れします。

最強のチームというのは、個人事業主の集団です。

自分の看板を掲げて、たった一人でもやっていける
連中が同じヴィジョンに共鳴して集まっているだけに
過ぎません。

それぞれが「自分のために」生きているからこそ、
プロ意識で自分の持ち場をキチッと固めてくれるのです。

そこには、「他の誰かに甘える」という発想は、
微塵(みじん)も存在しません。

プロは、徹頭徹尾「自分のため」だけに頑張ります。

もちろん、それが結果として「チームのために」
なることも、熟知した上でのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す