最後に勝つのは学ぶ人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「学ばない者は人のせいに
する。自分に何が足りないか
を考えないから。
学びつつある者は自分のせい
にする。自分に何が足りないか
を知っているから。
学ぶことを知っている者は
誰のせいにもしない。
常に学び続ける人でいたい。」

 

(三浦知良 プロサッカー選手)

                   

 

大別すると、人間は次の2つのグループに
分けられます。

1つ目が、自分の人生なのに
「他人事」として傍観して生きるグループ。

2つ目が、どんなことでも
「自分事」としてとらえながら成長していく
グループ。

換言すれば、前者は何事からも学ばないグループ
後者は何事からも学ぼうとするグループ
として位置づけることができます。

前者は、すべてを「他人事」としてとらえているので、
何かあったらすぐに人のせいにします。

結果、どんな経験を積んでも学びとして
吸収することができないのです。

後者は、すべてを「自分事」としてとらえているので、
何があっても人のせいにはしません。

結果、すべての経験を学びとして
吸収しながら、成長を続けていくことが
できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す