人は孤独に生まれ孤独に死ぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「男が志を持って何か
突出したものを得ようと
したら、孤独なんだよ。
誰も助けてくれないし、
壁にぶち当たったときの
孤独感と言ったら、
壮絶なものですよ。
でも、それが男だし、
僕は孤独に死ぬのは
いとわない。」

 

(奥田瑛二 俳優)

 

人は孤独の中に生まれ、
孤独の中に死んでいきます。

仮に、どんなに多くの人たちに
看取られていようと、
生まれ落ちる瞬間死に行く瞬間
だけは独りぼっちです。

また、夜に眠りにつく瞬間というのも、
これまた独りぼっちです。

すなわち、生命の本質は孤独である
ということを教えてくれているのです。

孤独の中から生命が誕生するように、
人が生み出すありとあらゆる偉大なもの
孤独の中で創造されます。

もちろん、人間は社会的な生き物であり、
人と人との関係性やコミュニティの中でしか
生きられません。

しかし、航海を終えた船が港に戻ってくるように、
喧噪の中に生きる人間が1日の最後にたどり着くのは、
孤独の時間に他ならないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す