人は幸せになるために生きている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「幸運を得たいのならば、
まず自分のできる最大限の
努力をしろ、ということだ。
その上で、俺は結果を
受け入れる。
行き着く先には、死しかない
ということなら、その時初めて
俺は観念する。
しかし、それまでは諦めない。」

 

(東野圭吾 小説家)

 

すべての人は、幸せになるために生きています。

「誰かの幸せを願う」といった高邁(こうまい)
な目標は、自分が幸せだからこそ口にできる
言葉です。

もしも、あなたが食うや食わずの状況で、
命の危険にさらされているとしたら、
「他人の幸せ」など考える余裕はないはずです。

まず、あなたが幸せにならなければ、
他人を幸せにすることなど絶対にできません。

自分を幸せにする力がなければ、
誰かを幸せにすることなどできないのです。

まさに、力なき正義は無力なのです。

だから、あなたは堂々と幸せを目指すべきです。

あなたが幸せになれば、「他人の幸せ」を省みる
ゆとりも生まれます。

そのことが、ひいては世の中をよくしていくことに
つながるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す