ペイフォワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「僕たちが当たり前に
過ごしている日常が、
既にすごいんです。
洋服を普通に選べる、
食料がなくならない、
水道が使える、
電車が時間通りに来る。
これ全部、前の世代の
人間の汗と涙の結晶な
わけですよね。
そう考えたら、世の中に
つまらない場所なんてない。
そんなすごい世界に
生きていることのありがたさ
が分かったら、前の世代に
恩返ししたくなる。
次の世代にもっといいものを
残したくなる。」

 

(武田双雲 書家)

 

当たり前の話ですが、
私たちは自分一人の力で大きくなった
わけではありません。

「袖振り合うも多生の縁」という
言葉にもあるように、
実に多くの人との関わりを通じて、
あなたという人間が形成されて
いったのです。

たとえばこうして私が綴っている
ブログの文章1つをとっても、
私が0から考え出したことは
1つもありません。

これまでに読んできた膨大な文章と、
多くの人との対話、鑑賞してきた映画や音楽、
無数の人生経験に下支えされて紡ぎ出されて
いるのです。

しかし私が、いくら前の世代に対して
ご恩返しをしたいと願っても、適わぬことです。

だからこそ私たちは常に次の世代に対して、
何を残せるかを考えて行動していかないと
いけないのです。

それが唯一できるご恩返しなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す