えこひいきがビジネスの本質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ビジネスにおいても、
結局は人である。
物でも情報でも、
一番買いたい人から買う
ものだ。
そのために、売る立場に
なったら『この人から
買いたい』と思わせる
相手に自分がならないと
いけない。」

 

(泉正人 投資家)

 

学校では「えこひいきはダメ」と
教えられたかもしれませんが、
世の中を見回してみると
「えこひいき」だらけです。

それどころか、「いかにえこひいきされたか
で人生は決まる」
と言っても過言ではありません。

ビジネスで成功する人は、多くのお客様から
「えこひいき」される人です。

換言すれば、「えこひいきされる」ために
いかに知恵を絞るかが、仕事の本質
ということです。

もしも、あなたが仕事で「えこひいき」される人
になりたければ、心がけてほしいことがあります。

それは、「ひいきのお店や、ひいきの
セールスマンからしか物を買わない」
と固く決めることです。

嫌いなお店や、嫌いなセールスマンに対しては
固く財布のヒモを締めて、びた一文支払わない
ことです。

なぜなら、それが商売の本質であり、
健全なお金の流れだからです。

嫌いな相手にお金を支払うことが
常態化すると、
商売の感覚そのものが
狂ってしまい、健全なお金の流れが
妨げられてしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す