一日一訓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「一日一つずつ教訓を
聞いていったとしても、
一月で三十か条になるのだ。
これを一年にすれば、
三百六十か条ものことを
知ることになるではないか。」

 

(武田信玄 戦国武将)

 

こうしてブログを綴っていると、
必ず毎日1つは名言の意味について
じっくり考える時間を持つことに
なります。

確かに、1日1日の積み重ねは
微々たるものかもしれません。

しかし、ふと振り返ってみたときに、
この積み重ねが膨大な知恵として
自分の中に蓄えられていることに
気づかされます。

実際のところ、名言の意味については、
その言葉の主に聞いてみなければ
本当のところは分かりません。

もちろん、読み手によって解釈が様々に
分かれてもいいと思うし、
それは言葉の性質上もっとも自然なことです。

大事なのは、自分なりの答えを
自分のアタマで考えてみること。

名言を漠然と受け身で聞いているうちは、
ただの無機質な知識の断片でしかありません。

自分の既有の知識や経験とからめながら
名言を深く味わうことで、
独自の知恵として有機的に統合することが
できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す