OJT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「急いては事をし損じる。
『考える時間』を確保しろ。
考える時間を惜しむから、
仕事が粗くなる。
考える時間は効率化しなくて
いい。」

 

(長野慶太 小説家)

 

最近、OJTという言葉をあちこちで
耳にするようになりました。

OJTとは、「On the job trainig」
の略称です。

すなわち、職務現場において業務を
通して行う
教育訓練のことです。

しかし、実のところOJTによって成し遂げられるのは
「半人前」の人間を「一人前」に育て上げるところ
までです。

いわば、「三流」の人材を「二流」に引き上げる
のがOJTの役割ということです。

しかし、自らを「一流」の高みにまで引き上げたければ、
「Off the job trainig」にこそ励まなければなりません。

すなわち、職務現場を離れてからいかに自分を磨く
時間を投資するか、ということです。

たいていの人は、ある程度仕事の要領を覚えると満足して、
それ以上の向上心を持とうとしません。

だからこそ、自腹を切ってまで学ぼうとする人が
「一人勝ち」できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す