売れてしまったらロックじゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ロックの核心は反体制、
反権力だ。
成功した俺にもうロックは
歌えない。
聴衆を誰1人ごまかしたくない。」

 

(カート・コバーン 音楽家)

 

決して「売れてはならない」音楽、
それがロックです。

しかし、このロックの定義ほど、
矛盾をはらんでいるものはありません。

ロックの核心が本当に反権力、反体制だというならば、
偉大なロックは大衆に疎まれながら、
少数の「変わり者」を相手に奏でる音楽
ということになってしまいます。

しかし、歴史にその名を刻む偉大な
ロックミュージシャンは、ビッグマネーを
つかんだ人たちばかりです。

でかい会場にたくさんのファンを集め、
マスコミに追いかけられ、レコードが
じゃんじゃん売れた結果として、
大きな名声を手に入れたのです。

しかし、「売れてはならない」音楽が
売れてしまうことが、
そんなに問題なのでしょうか。

売れないミュージシャンがスターのことを、
「あんなのはロックじゃない」
くさしたりしますが、純粋に音楽を愛する
ファンからしてみれば、戯言(たわごと)
にしか聞こえないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す