コミュニケーションの本質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「話が通じないのは、
自分の仮説が相手に
通じていないということです。
また、相手の仮説を
自分が理解していない、
ということでもあるのです。」

 

(竹内薫 小説家)

 

コミュニケーションとは、つまるところ
自分の「仮説」と
相手の「仮説」を
すり合わせていく行為です。

自分にとっての「当たり前」は、
相手にとっての「当たり前」ではないことに
気づくのがコミュニケーションの第一歩です。

ある意味、他者とは分かり合えないのが
当たり前です。

時々、「誰も、私のことを分かってくれない」
とグチをこぼしている人がいます。

「では、あなたは相手に分かってもらう努力を
したのか?」
と聞きたくなります。

相手から「分かって」もらいたければ、
まず、自分が相手のことを「分かる」努力
をすることです。

自分にとっての「当たり前」を脇にどけ、
相手にとって「仮説」を虚心坦懐(きょしんたんかい)
に探るのです。

あなたが歩み寄りの姿勢を示すからこそ、
相手の方もあなたの「仮説」を探ろうと
歩み寄ってくれるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す