鏡の原理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「この浮き世は、一つの鏡である。
この鏡には、皆自分の姿が映る。
だから、君が額に八の字を
浮かべて鏡に向かえば、
鏡も八の字を寄せて君を睨み返し、
君が微笑みを浮かべて鏡に対すれば、
鏡も微笑みをもって君に応える。」

 

(サッカレー 小説家)

 

もしも、今の世の中を見て、
「最近の日本にはつまらない人が多い」
と感じるとしたら、
あなた自身がつまらない人である
可能性があります。

逆に、今の世の中を見て、
「最近の日本人も捨てたものじゃないな」
と感じるとしたら、
あなたも割とイケている部類に入っている
のかもしれません。

なぜなら、あなたの目に映るのは、
実はすべてあなたの中に眠っているもの
だからです。

「怒りっぽい人が多い」と感じるのは、
あなたが怒っているからです。

「渡る世間に鬼はない」と感じるのは、
あなたが仏のような人間だからです。

いわば、世間というのはあなたの真の姿を
映してくれる「鏡」に他ならないのです。

もしも、あなたが世の中に対して不満があるとしたら、
それは自分自身が改めるべき課題なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す