手段と目的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「物事を上手くやるために
必要なこと。
第一に愛、第二に技術。」

 

(アントニ・ガウディ 建築家)

                   

 

本来、「目的」を達成するために
「手段」が存在します。

しかし、この関係が逆転してしまい、
「手段」「目的」になってしまうケースが
目につきます。

たとえば、「お金を稼ぐこと」を目的に
モノを作って売っている会社があったとします。

当然、その会社から生み出されるのは自社にとって
「儲かる商品」ばかりで、お客様のことは
二の次、三の次です。

賢いお客様はそんなことなどお見通しで、
どんどん人もお金も離れていくのです。

一方、「お客様の役に立つモノを提供して
喜んでもらうこと」
を目的にモノを作って
売っている会社があったとします。

当然、その会社から生み出されるのは、
お客様にとって「役に立つ商品」ばかりです。

お客様もバカではないので、良心的な会社の
商品は次第に評価が高くなっていきます。

結果として、人とお金が群がってきて、
会社の売り上げも自ずと上がっていくのです。

たとえ表面上は同じことをしているように
見えても、「目的」がずれると結果には
天と地ほどの開きが生まれてしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す