マシュマロ・テスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「『自制心』とは、
好むと好まざるとに
かかわらず、しかるべき
ときにしかるべきことを
自分にやらせる能力の
こと。」

 

(エルバート・ハバード 教育者)

 

行動科学の有名な実験に、
マシュマロ・テスト
というものが
あります。

子どもの前にマシュマロが載った皿を置いて、
「15分間食べずに我慢できたら、
もう1個あげるよ」
と言い残して
部屋を出ます。

その結果、マシュマロの誘惑に
打ち勝てたのは、たったの1/3に
過ぎなかったと言います。

興味深いのは、その後の追跡調査の結果です。

マシュマロを我慢できることと、
社会的な成功度との間に相関関係が
認められたそうです。

仕事面での成功だけではなく、ダイエットや趣味など、
ありとあらゆる方面において、自制心の有無が結果を
左右します。

結果が出せない人の特徴は、やるべきことを
やらず、
やってはいけないことをやってしまう
ことです。

もしも、あなたが成功したければ、この逆を
やればいいのです。

痩せたかったら、きちんと計画を立てて運動をすることです。

さらに、暴飲暴食をやめて、腹八分で生活するように
心がけるべきです。

原因を変えれば、出てくる結果も変わらざるを
得ないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す