恋の作法における男女差

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「真の恋の兆候は、
男においては臆病さに、
女は大胆さにある。」

 

(ヴィクトル・ユーゴー 小説家)

                   

 

男は、何とも思っていない女性の前では、
堂々と大胆に振る舞うことができます。

しかし、憎からず思っている相手の前に出ると、
途端に臆病になってしまうものです。

女は、男性を3つのタイプに分けて考えています。

1つ目が、生理的に受け入れられないタイプ。

2つ目が、可も無く不可も無いタイプ。

3つ目が、理想のタイプ。

女は、生理的に受け入れられない男性とは
目も合わせませんが、可も無く不可も無いタイプとは
普通にコミュニケーションします。

男にも、生理的に受け入れられない女性は存在しますが、
女性ほどあからさまには表に出しません。

そして、女たちの3つ目の理想のタイプへの
振る舞い方も2通りに分かれます。

手段も選ばず大胆に攻めていくタイプと、
モタモタして動き出せないタイプです。

前者は、形振(なりふ)り構わず自分から動いて、
「運命の男」をゲットします

一方、後者は、ウジウジしている間に、
他の女性に「好きな男」を取られてしまうのです。

草食系は、男子に限ったことではなく、
女子の中にも生息しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す