信念の魔術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「現実になるのは『思った』
ことではなく、『信じた』
ことなのです。」

 

(吉江勝 経営コンサルタント)

 

「思考は現実化する」という言葉を聞くと、
すぐに否定したくなる人がいます。

「自分は仕事の成功を考えていたのに、
真逆の結果になったじゃないか」
と言うのです。

しかし、物事には常に二面性が存在するので、
「仕事の成功を考える」人の中には、
同時に「仕事が上手くいかなかったとき」
の思考も存在するのです。

「思考が現実しない」と嘆いている人も、
実のところ「否定的な思考」が実現している
という意味では、やはり「思考は現実化」
するのです。

何やら言葉遊びをしているように感じていらっしゃる
かもしれませんが、いたって真面目な話です。

つまり、自分の中に存在する2つの思考のうち
どちらを信じていたかによって、現実が規定
されるのです。

言わば実現するのは「建前としての思考」
ではなく、内に秘めた「本音としての思考」
であるということです。

いくら表面的な意識で「仕事を成功させたい」
と考えていても、本音の部分で
「まだ自分にはその力は無い」と考えているなら、
その思いがブレーキになります。

本音で成功を信じられる自分になることが、
先決ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す