負けました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「『負けました』といって
頭を下げるのが、
正しい投了の仕方。
辛い瞬間です。
でも『負けました』と
ハッキリ言える人は
プロでも強くなる。
これをいいかげんに
している人は、
上に行けません。」

 

(谷川浩司 将棋棋士)

 

「負けず嫌い」という言葉を
勘違いしている人がいます。

どんなに劣勢に立たされていても、
負けを認めないのが「負けず嫌い」だと
考えているのです。

こういう頑固な人は、
誰からも嫌われると相場が来まっています。

人から嫌われると運が去って行くので、
さらに負け続けるという「負のループ」
に落ち込んでしまうのです。

それに対して本当の「負けず嫌い」は、
最後に勝つためであれば、
たとえライバルにでも喜んで
頭を下げて教えを請える人のこと
です。

前者の「負けず嫌い」が単純で
与しやすいのに対して、
後者の「負けず嫌い」は
実にあざとく
一筋縄ではいかない
ことが分かるはずです。

常に競争心をむき出しにして、
片意地張った孤独な「負けず嫌い」
として生きていくのか、
淡々と為すべきことを為す、
心穏やかな真の「負けず嫌い」
として生きていくのか。

選ぶのは他でもないあなたです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す