勝てば官軍、負ければ賊軍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「結果は、すべての手段を
正当化する。」

 

(アーサー・ケストラ— 小説家)

 

「勝てば官軍、負ければ賊軍」という言葉が、
いみじくも言い表しているように、
手段の正当性は結果次第で決まります。

たとえば、どんなに革新的なアイディアを
提案したところで、
それだけでは評価されません。

もしも、そのアイディアが世の中に受け入れられれば
先駆者として讃えられます。

しかし、そのアイディアが世の中に受け入れられなければ、
ただの変わったヤツと見なされて終わりです。

スポーツ界にも、
「強い者が勝つのではない、勝った者が強いのだ」
という格言があります。

同様にビジネスでも、
「いい商品が売れるのではなく、
売れた商品が
いい商品なのだ」
という理屈が成り立ちます。

つまり、何が言いたいかというと、
「勝負事は勝たなければ意味がないのだ」
ということです。

どんなに卓越した才能を持ち、人格識見に優れていたとしても、
勝負に勝たなければ世間は認めてくれません。

だからこそ、要所では勝つために知恵を凝らすべきだし、
そもそも勝てない土俵からはサッサと退散するべきです。

その見極めを間違えると、報われない人生で終わります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す