負けるが勝ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自らへりくだることで、
相手をおごり高ぶらせ、
油断させよ。」

 

(孫子 軍事思想家)

                   

 

自他共に「負けん気が強い」ことを認め、
それを自分のウリにしている人をたまに見かけます。

しかし、「負けん気の強さ」は、
内に秘めれば「長所」となりますが、
ひけらかした途端に「短所」となるのです。

 

なぜなら、「負けん気」を発揮すればするほど、
相手をムキにさせてしまい、無益な戦いに
巻き込まれてしまうからです。

つまるところ、「負けん気が強い」人は、
わざわざ人生に敵を増やしながら生きているのです。

 

一方、賢い人はどうでもいい勝負にまで、
勝とうとは考えていません。

適当に「勝ち」を譲りながら、
無益な争いは上手に避けています。

結果、人生に味方を増やしながら
生きているのです。

 

「負けん気が強い人」は、
勝ちを譲られながらおごり高ぶり、
気がつかないうちに無数の敵に
囲まれていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す