リーダーの孤独

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「上に立つ人間っていうのは、
完全に孤独じゃなきゃいけない
って思う。」

 

(ビートたけし 司会者)

 

リーダーの指南書として秀逸なのは、
マキャベリの「君主論」です。

マキャベリはリーダーとしての在り方について、
次のように喝破します。

「リーダーは愛されるのと怖れられるのと
どちらが望ましいであろうか。
もちろん、どちらも備えているのが
望ましい。
しかし、どちらか一つを選ぶとなると、
愛されるより怖れられる方を選ぶのが
安全だ。
なぜなら、人は怖れている者よりも
愛している者を容赦なく傷つけるという
性向があるからだ。」と。

もちろん、ここでいう「怖れられる」とは、
憎しみや恨みを買うことではありません。

怖れられつつ、憎しみや恨みを買わない在り方。

つまり、「一目置かれる存在になれ」ということ
です。

そのためにも、リーダーと部下は一線を画して付き合う
必要があります。

飲みニュケ—ションと称して飲み歩いたり、
毎日のようにランチを一緒に取ったりすることが、
マネジメント上得策なのかどうか、
リーダーはよくよく吟味する必要があります。

その孤独に耐えられないという人は、
そもそも「リーダーの器」ではないの
です。

下っ端同士でウジャウジャ群れて過ごすのが
楽しい人は、リーダーになってはいけないの
です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す