お陰様の心で生きる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人生は自分以外の誰かに
助けてもらいながら階段を
登っていかないと、決して
頂上へはたどり着けない
ようにできています。」

 

(ナタリー・ユエン 投資家)

 

成功が長続きする人と、短命に終わる人
には明らかな違いが存在します。

成功が長続きする人は、この成功が
自分だけの力で手に入れられたわけ
ではないことを熟知しています。

だから、いつも心の中には「お陰様」
という感謝の念が流れています。

しかし、成功が長続きしない人は、
成功したのは自分の努力と才能の結果だと
自惚れています。

周囲に対して感謝の念を抱くどころか、
成功できない人を見下して悦に入ります。

当然、周りは面白くありません。

せっかく応援しようと集まっていた仲間も、
1人去り、そして、また1人と去っていくのです。

それだけではありません。

いつも自惚れている人は、「嫉妬」対策
がおろそかです。

だから、何かミスをしでかした途端に、
足をすくわれて引きずり下ろされてしまう
のです。

一方、いつも「お陰様」を口にできる人は、
周囲から応援されやすくなります。

たとえピンチに見舞われたとしても、
ご縁が支えになってくれるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す