想定外の未来を生きる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「70歳の自分が
何を書いているかは
楽しみですが、
将来こんな作家になって
いたいというのはない
です。
そんな夢を描いている
ようではダメだと思う。
自ら限界を作っている
ようなものですよ。
もし、今思い描いている
とおりになったとしたら、
むしろ、その人生は
失敗なんじゃないかと思う。」

 

(石田衣良 小説家)

 

人生計画の中で、「5年後」「10年後」
目標を立てている人がいます。

それをそのまま叶えている人のことは、
素直にスゴいと思います。

でも、それは裏を返せば、
「5年前」や「10年前」に立てた
目標という呪縛にとらわれた
不自由な生き方であるとも言えるのです。

そもそも、人生は「確定要素」だけでは
構成されてはいません。

日常の中に、「不確定」な出来事が
適度に紛れ込むからこそ、
人生に深みと味わいが出てくるのです。

すべてが想定内に進んでいく
「予定調和」の人生など、
退屈極まりないに違いありません。

そう考えると、思い描いたとおりの人生を歩むよりも、
思いもよらなかった人生になる方が、
よほどエキサイティングだと断言できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す