人生経営のビジョン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「同じように悩んでいた
役者の友人と、家で
『オレたちって何もない
よな』と話していたんです。
そうしたら嫁がね。
『あなたたちは雑草だから、
今まではアスファルトの
隙間を見つけて光のある
方向へ破って出てきた。
そのエネルギーは凄かった
けど、その後どんな花を
咲かせるか、というプランが
なかったのね。』
と言われたんですが、
その通りだなと。
で、アスファルトを破ったあと、
どんな花を咲かせるかを
一生かけて探すことが、
自分が俳優としてやっていく
こと。
それでいいじゃないかと思えた。
その時初めてハラがくくれて、
俳優としてのスタート地点に
立てた気がしました。」

 

(八嶋智人 司会者)

 

あなたには、「自分の人生をこれから
どうしていこうかというビジョン」

あるでしょうか。

企業の経営者たちは、5年後、
10年後の確たるビジョンを持って
経営しています。

だから、途中で方向性がブレそうに
なっても、修正しながら望む結果に
近づいていけるのです。

ところで、あなたもあなたという人生においては
1人の経営者なのです。

あなたは5年後、10年後の人生経営のビジョンを
お持ちでしょうか。

もしも、何もビジョンをお持ちでないとしたら、
その後の人生の展開は目に見えています。

国や他人に言われるがまま、流されるがままに、
浮き草のような人生を歩むことになるのがオチ
です。

ビジョンの有無は、人生の方向性をハッキリと
決定づけてしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す