人生は自己責任力で決まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「上手くいかないときに、
他人や環境のせいにする
人間は幸福にはなれません。」

 

(島田紳助 司会者)

 

「上手くいかないときに、人のせいに
するな」

「自己責任で生きよ」というのは、
自己啓発本の常套句です。

では、なぜ「他人のせい」にして生きては
いけないのでしょうか。

その理由はシンプルです。

誰もあなたの人生の責任など、
負ってはくれないからです。

もっと正確に言えば、あなたの人生の責任を
負いたくても、それは不可能だからです。

たとえば、あなたが受験で失敗したからと言って、
あなたの親が責任を取って代わりに受験することが
できるでしょうか。

あるいは、あなたが仕事で大きなミスをやらかした
からといって、同僚が代わりに降格処分を受けることが
できるでしょうか。

いずれもあり得ないことです。

つまり、上手くいかないときに、
他人や環境のせいにしている人は、
そのあり得ないことを考えている
ということになります。

あり得ないことは、どこまで行っても
起こりえません。

だから、他人や環境のせいにする人は、
いつまで経っても幸せにはなれないのです。

一方、自分の人生に責任を取れる人は、
自分の行動や考え方を1つ1つ点検
しながら前に進んでいくので、
いつの間にか幸せにたどり着く
のです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す