人生は顔に表れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「40歳を過ぎた人間は、
自分の顔に責任を持たなくては
ならない。」

 

(エイブラハム・リンカーン 弁護士)

                   

 

20歳までの顔というのは、
つまるところ親の遺伝子のお陰が
9割です。

顔立ちがキレイな子どもというのは、
本人の努力でその美貌を勝ち取った
わけではありません。

たまたま、親の顔立ちがきれいだったから、
子どももそうなったというだけのことです。

しかし、30代、40代と年を重ねて
いくと、だんだん「若さ」だけでは
ごまかせなくなってきます。

また、周囲からも「年相応の成熟」
求められます。

しかし、生来の「美しさ」に頼り切って、
自分磨きを怠ってきた人は悲惨です。

内面の「薄っぺらさ」「空虚さ」が、
そのまま顔つきに出てしまうからです。

ろくに勉強もせず頭を鍛えてこなかった人は、
締まりの無い顔つきになります。

まさに顔こそが40代を過ぎた人間に
とって、ごまかしようのない履歴書
なのです。

仮に遺伝子に恵まれなかったとしても、
20代、30代の過ごし方次第で
生来のイケメンや美人に逆転することは、
いくらでも可能なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す