リーダーとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「好かれなくても良いから、
信頼はされなければならない。
嫌われることを恐れている人に、
真のリーダーシップは取れない。

 

(野村克也 元プロ野球選手)

 

君主論を著したマキャベリは、
「リーダーは好かれようとして
部下に媚びてはならない。
ただし、憎まれてはならない。」
と語っています。

リーダーが部下の顔色をうかがうようになったら
部下に舐められてしまい、組織は一巻の終わりです。

なぜなら、好かれるということは、
裏を返せば相手から「同等」に
見られているということだからです。

上司と部下の統制が取れなくなったら、
ナアナアがまかり通る軟弱な組織に落ちぶれてしまいます。

リーダーたる者、部下に好かれようと
するのではなく、畏れられる必要があるのです。

ただし、単に高圧的に振る舞うだけでは、
やはり人心は離れます。

「恐れられる」のではなく、
あくまで敬意をベースとした
「畏れられる」存在であるべきです。

換言すれば、リーダーの仕事とは、
部下たちに「この人についていけば間違いない」
と信頼させることだけです。

多少、部下から煙たがれるくらいでなくては、
組織をまとめることはおぼつかないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す