日本一の下足番になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「たった一つの確かな成功の
手段は、どんな仕事を
していようと、自分に
期待されている以上の
奉仕をすることなのです。」

 

(オグ・マンディーノ 小説家)

 

阪急グループの創業者である小林一三の名言に、
次のようなものがあります。

「下足番を命じられたら、
日本一の下足番になってみろ。
そうしたら、誰も君を下足番にして
おかぬ。」

仮に、下足番という仕事に満足できなくても、
決して腐ることなくベストを尽くす。

真摯(しんし)に職務に精励する
その姿は、周りが必ず見ているものです。

組織のトップは、常に「隠れた人材」
探し求めています。

期待以上の働きをする人間の存在が、
目に留まらないわけがありません。

結果として、もっと「相応しい仕事」が
与えられるのです。

逆に、今の仕事に納得できないといって、
腐り続けるだけだとしたらどうでしょう。

まず、間違いなくリストラの最有力候補となって
お払い箱です。

なぜなら、今の場所で全力を尽くせない人間は、
たとえ場所を変えても「不完全燃焼」で終わる
のがオチだからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す