量をこなせるのが才能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いくら時間と知恵を費やしても
飽きないモチベーションを持った人は、
必ず成功する。」

 

(村上龍 小説家)

                   

 

「努力できることが才能だ」という言葉を信じて、
頑張れば何とかなると勘違いしてしまう人がいます。

でも、頑張るだけではどうにもならないことも、
世の中にはあるのです。

涙ぐましい努力を重ねているのに、いっこうに芽が出ない
アスリートはごまんと存在します。

そんな彼らに、「もっと頑張れ」と檄(げき)を飛ばすのは
酷なことです。

一方、世の中で成功を収める人も、一般人が腰を抜かすほど
努力します。

しかし、彼らには「頑張っている」という意識は微塵(みじん)も
ありません。

「これくらいはやって当たり前」というのが、
彼らの抱く実感です。

「頑張らないと努力できない」のは、才能とは言えません。

「努力を努力と思わずに努力できること」こそが、
ホンモノの才能です。

もしも、「努力が苦しい」と思うなら、
その努力は方向性が間違っています。

頑張ったつもりはなくても、ついつい努力してしまうことにこそ、
あなたの幸せが眠っているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す