どうにもならないことはペンディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「君が気になり、
悩んだりすることで
少しでも解決できるのなら、
大いに気にして悩んだら
いいでしょう。
しかし、ほとんどの問題は、
気にしても悩んでも、
あなたの力ではどうしようも
ないことばかりではないですか。
そんな大変な問題を一人で
悩み苦しんでも無駄です。
自分では解決できない
問題をくよくよ悩むくらい
であれば、やれることを
どんどんやって、
後は天命に任せたらどう
でしょう。」

 

(浜口直太 経営コンサルタント)

 

スティーブン・R・コビーの「7つの習慣」
の中に、「影響の輪」「関心の輪」
と言う概念が出てきます。

「影響の輪」とは、自分が影響を与える
ことのできるコントロール下にある物事
のことです。

「関心の輪」とは、自分が感心を寄せて
いるがコントロール外にある物事のこと
です。

「7つの習慣」では、人が主体的に生きる
ためには、「影響の輪」にエネルギーを注ぐ
べきだと説かれています。

なぜなら、「関心の輪」にいくらエネルギーを
注いだところで、現実を変えることはできないので、
徒労に終わってしまうからです。

淡々と為すべきことを為し、万策尽きて
どうにもならないと悟ったなら、
潔く諦めて天に運を任せてもいいのでは
ないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 匿名 より:

    影響の輪にエネルギー注いでがんばります。いつもありがとうございます

コメントを残す