自己評価より他者評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人間、誰かにちょっと
負けているなあと思った
ときは、だいぶ負けている。
だいぶ負けているなあと
思ったときは、
もうむちゃくちゃ負けて
いる。」

 

(島田紳助 司会者)

 

「自己の過大評価と他者の過小評価」
という言葉があります。

人間は、自分のことを良く見せたい、
良く思いたいという本能を持っています。

だから、どんなに自分に厳しい人でも、
どうしても自己評価は甘くなりがちです。

一方、他者に対する評価はどうしても厳しく
なりがちなのです。

だから、もしも自分がライバルに「ちょっと負けている」
と感じるなら、それは甘めに見積もった上での認識です。

ライバルに「かなり負けているかも」と認知を
補正しないと、現状を見誤ってしまいます。

同様に、ライバルに「だいぶ負けているなあ」
感じるなら、「大差をつけて負けている」という
ことに他ならないのです。

あなたがよほど冷徹で理性的な人間でも無い限り、
十中八九「本能」によって判断を狂わされています。

しかし、あなたに本気で叶えたい夢があるなら、
厳しい「現状認識」と「自己理解」は不可欠です。

謙虚になって他者の意見に耳を傾け、
そのアドバイスを活用することを心がける
ことです。

甘い「自己評価」に酔っていても、人生は何も変わりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す