習慣化の3ヶ月ルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分にとって『良いこと』
は『習慣』にしてしまい
ましょう。
それが一番だ。
たとえば読書の習慣とか、
ご飯を食べるときに腹八分
の習慣とか、あるいは酒は
気持ち悪くなる前に止める
習慣とかである。
ちょっとしたコツがある。
最初の3ヶ月は例外を
作らないということだ。
はじめの3ヶ月が多少の
根性が必要なだけで、
そのあとは自然と習慣として
定着する。」

 

(松崎俊道 経営コンサルタント)

 

昔、筋トレを帰宅後の習慣にしていたとき、
面倒臭くて仕方がありませんでした。

仕事から疲れて帰ってきているのに、
さらに追い打ちをかけるように自分を
疲れさせるのが苦痛だったのです。

しかし、それでも習慣化して3ヶ月も経つと、
不思議なことにやらないと気持ちが悪く
なってくるのです。

現在は起床後の身支度をする前の時間帯に、
20分程度の軽い筋トレを習慣化しています。

これもやはり初めのうちは、
やや面倒臭さを覚えていたのですが、
習慣化されるとやらないと気持ち悪く
なりました。

習慣化のコツは、何があっても例外を
作らないことだと思います。

「気分が乗らないときはやらない」
という風に例外を作ってしまうと、
習慣として結実しないので途中で
挫折してしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す