その悩みに価値はあるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「『悩む価値のある悩み』
というものは、悩むことで
結果や未来が変わる場合
です。
この悩みは簡単に答えが
出ない場合もありますが、
苦しく辛い気持ちと
向き合っているその時間は、
人としての器を大きくし、
思量を深め、成長している
痛みの渦中にあるときです。
すぐに解決できなくとも、
悩むことそのものに
大きな意味があります。」

 

(宮本延春 教育者)

 

人は生きていれば、問題の1つや2つは
あるものです。

では、なぜ人は悩むのでしょうか。

「それらの問題が解決していないから?」

いいえ、違います。

それらの問題に対する
「もしもうまくいかなかったら
どうしよう?」という思い。

それが悩みの本質に他なりません。

しかし、少し考えてみてほしいのです。

「どうしよう?」と真剣に悩むことが、
問題解決に1ミリでも貢献するでしょうか。

あなたが悩むことで、仕事やお金、
恋愛の悩みが解決するなら、
いくらでも悩めばいいでしょう。

しかし、あなたがいくら悩んでも、
お財布には1円も入ってこないし、
結婚相手も見つかりません。

唯一、あなたの問題解決に貢献するのは
「行動」です。

結果が出ない行動を切り捨て、
「次」「次」と1日を忙しく
飛び回っている人は、
悩んでいるヒマなどないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す