ひらめきは頭脳労働から生み出される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「『ひらめき』は空から
降ってくるものでは
ありません。
自分の中にある『経験』
から導き出されるものなの
です。
アイデアの種はすべて自分の
経験に基づく『記憶』に
他ならない。」

 

(泉忠司 教育者)

 

よく「ひらめきが降ってくる」という
表現が使われます。

確かに、アイデアを授かる感覚としては、
その表現は妥当です。

しかし、非常に誤解を受けやすい表現では
あります。

たとえば、「雪が降ってくる」
「雨が降ってくる」
などのように、
「無から有を生み出す」という風に
誤解している人も少なくありません。

しかし、残念ながら「空っぽの頭脳」には、
たとえ百年祈り続けてもアイデアは降りて
きません。

すべてのアイデアは、自分の内なるアイデア
の源泉から生み出されるものです。

つまり、一生懸命勉強して蓄えた知識と、
いろんなことに挑戦して得た経験とが
組み合わさって、
新たなアイデアとして
結実するのです。

だから、何も努力しない怠け者に、世の中をアッと
言わせるような面白いアイデアが降りてくることだけは
絶対にありません。

あの天才ビル・ゲイツですら、1週間に10冊の本を読んで
「アイデアの種」を蓄えているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す