インサイドアウト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「多くの人は、自分の都合の
いいように物事を見て、
『いいこと』と『悪いこと』を
判断している。
そういった人はいつでも
『できなかった理由』を
人のせい、環境のせいにする。」

 

(スティーブン・R・コビー 経営コンサルタント)

 

スティーブン・R・コビーの名著「7つの習慣」
には、人格を磨くための原理・原則が出てきます。

中でも特筆すべきは、
「インサイドアウト」という考え方です。

これは簡単に言うと、
「自分が変われば外側が変わる」
という意味です。

逆に言えば、自分が変わらない限り、
外側の世界は何があろうと変わることはない
のです。

たとえば人間関係を例に考えてみます。

人というのは様々な側面を抱えて、
生きています。

ある人にとっては「善人」の側面を見せている人が、
別のある人にとっては「鬼」になることだって
あり得るのです。

ということは、相手から「善人」の側面を
引き出させるか、
「鬼」の側面を引き出させるかどうかは、
あなた自身の相手との関わりにかかって
いるということに他なりません。

つまり、あなたが相手との関わり方を変えて
しまえば、相手があなたに見せる側面も
自ずと変わらざるを得ないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す