目標を忘れない工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私が目標を達成できた
秘訣を教えよう。
それはね、絶対にあきらめない
ことだよ。」

 

(パスツール 化学者)

                   

 

せっかく目標を立てても、達成できずに
終わる人がたくさんいます。

その一番の原因は、自分の目標を
忘れてしまうことです。

もっと正確に言うなら、目標そのものは
覚えていても、目標を立てたときの
「思い」や「情熱」を忘れていくのです。

だから、燃えるようなモチベーションを
失ってしまい、尻すぼみに計画が頓挫(とんざ)
してしまうのです。

一方、立てた目標を確実に達成できる人が、
ごく少数ながら存在します。

その一番の原因は、自分の目標を忘れない
工夫をしていることです。

もっと正確に言うなら、目標を定期的に
見直して達成度を測ったり、目標達成に
向けた「思い」や「情熱」を再確認して
いるのです。

毎日、ノートなどに「振り返り」を綴ったり、
壁に目標を張り出したり、手帳に目標を
書き付けて読み返したりしています。

つまり、「初心を忘れない」工夫をしている
からこそ、いつまでも瑞々しい気持ちで
目標に向かって邁進できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す