創意工夫で道は開ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スポーツの場合、
100の工夫があっても
成功しない場合がほとんど。
限界があると僕は思わない。
失敗して上手くいかなければ、
次をまた考えればいい。
考え続ければ発想が尽きる
ことはないのだ、
というのが僕の考え方
なんです。」

 

(山本博 教育者)

 

スポーツ選手のことを、筋肉バカといって
バカにする人がいます。

確かに、体育会系の中には、そうした人が
少なからず存在することも事実です。

しかし、プロのアスリートとして
長年トップに君臨し続ける人に、
バカは1人もいません。

もちろん、短期間であれば若さと才能だけで
結果を残すことは十分に可能です。

実際に、そうした選手もたくさんいます。

しかし、何も考えずに生きてきた筋肉バカは、
あっという間に淘汰されていきます。

アタマの悪い人が生き残れるほど、
プロスポーツの世界は生易しくない
のです。

たとえば、元野球解説者の野村克也氏は、
とりわけ頭脳明晰なことで知られていました。

野村氏のポジションは、チームの司令塔である
キャッチャーです。

だから、誰よりも野球について考え、
頭脳を鍛えてきました。

しかし、あるとき教養が不足している
ことを痛感した野村氏は、寸暇を惜しんで
読書に励みます。

野村氏の的確な解説は、こうした陰の努力に
支えられていたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す