甘やかし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「好きなことだけやって
嫌なことはやらなくていい。
そんな風潮が子どもをおかしく
させている。
我がままで人の痛みが分からない
子どもを育てているのです。」

 

(曾野綾子 小説家)

 

社会が成熟して豊かになったことに起因して、
「好きなことをして生きていこう」という
風潮が生まれました。

嫌なことを強制されながら生きていくしかなかった
時代からすれば、まさに隔世の感があります。

しかし、それはともすれば、
「嫌なことはしなくてもよい」
という間違った解釈を生んでしまった
ことも事実です。

なぜなら、物事を「好き」と「嫌い」という側面から
しか見ていないからです。

「為すべき」「為さざるべき」という基軸を
持たなければ、人は放埒(ほうらつ)に流れます。

まして、子どもであれば「易きに流れて」しまうのは
当たり前です。

どんなに「好き」なことでも、「為さざるべき」
であれば、キッパリやめるべきです。

逆に、どんなに「嫌い」なことでも、
「為すべき」であれば、きちんとやるべきです。

そんな当たり前のことをおろそかにしていて、
子どもがまともに育つはずがないではありませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す