努力の精度を上げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「的を射抜く矢の一本一本が、
的を外した100本の矢の
成果なんだ
」   

 

(ロビン・シャーマ 弁護士)

                   

 

「努力すれば報われる」と言いますが、
それは半分本当で半分はウソです。

ただ闇雲な努力を続けても、それで上手くいくのは
一部の天才だけです。

たいていの人は、闇雲に努力を続けても徒労に
終わるのが関の山です。

なぜなら、間違った努力を一生懸命に頑張れば
頑張るほど、その分間違った方向へと進んでいって
しまうからです。

努力が報われるためには、
「努力の方向性」の検証と
「方向修正」が不可欠です。

「その日の努力は目標達成に1ミリでも
近づいたか」

「もし、目標達成に近づいていないと
すれば、どこを修正すればいいか」

そうやって、ちょっとずつ「狂い」を
修正しながら、精度を上げていく
「努力」が求められるのです。

100発100中で的を射抜く達人も、
初めから結果を出せていたわけではありません。

毎日コツコツと練習に励みつつ、細かく
方向修正を続けてきた結果、あのような
技の精度を手に入れたのです。

どうせ努力するなら、ただ闇雲に
身体を動かすだけではなく、
きちんとアタマを使うことで、
1ミリでも結果に近づきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す