カイゼン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「必要なのは、
ひたすら継続的な
改善です。
トヨタのカイゼンも
同じ発想です。
トヨタでは、
『昨日と同じことを
やること』を『作業』
と呼び、
『明日からよりよい
仕事ができるように
準備すること』を
『仕事』と言います。」

 

(勝間和代 経営コンサルタント)

成功者には日記を書く人が多い、
という話をあなたもどこかで
耳にしたことがあると思います。

では、それがなぜなのかについて、
おそらくほとんどの人は突っ込んで
考えたこともないでしょう。

私が考える日記の効用とは
次のようなものです。

日記にはいいことだけを綴るだけ
ではありません。

その日に起きたダークな出来事や、
それにまつわるネガティブな思いを
怒りにまかせて書き綴ることも
よくあることです。

実際、私はそうでした。

しかし、書くことは一種のセラピー
になっていて、文字数に比例して
心は軽くなっていきます。

すると、次第に後ろ向きな考えから脱して、
「次はこうしよう」とか
「こうすればうまくいくのではないか」
といった戦略的な視点を持てるようになって
くるのです。

いわば、紙面で一人会議をしている
ようなものです。

毎晩、日記を書きながら一人会議をしている
人間が、群を抜いていくのは
当たり前の帰結なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す