仕事のイメージトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お前の頭の中に何が描かれて
いるか当ててみようか?
それはお前がションボリしている
哀れな姿だろう。
そんな絵は消してしまいな!
おまえが堂々と相手を説得して
『大成功』というシーンを描く
のだよ。
そうすれば仕事もきっとうまくいく。」

 

(中村天風 教育者)

 

アスリートは本番前に、たっぷり時間をかけて
イメージトレーニングを行います。

競技中の理想の動きを脳裏に細密に思い浮かべることで、
試合中に理想のパフォーマンスを発揮することができるのです。

しかし、ビジネスの世界では、イメージトレーニング
の存在を知りつつも、実際の仕事に生かそうとする人は
そう多くありません。

これは、とてももったいないことです。

たとえ、あなたがどれほど入念にプレゼン資料を作り込んでいた
としても、それだけでは本番で成功できません。

なぜなら、本番を想定したイメージトレーニングを行って
いないからです。

自信を持ってプレゼンを行う姿をありありと思い描け
なければ、本番で堂々と振る舞うことはできません。

とはいえ、頭の中でイメージを描くだけでは不十分です。

なぜなら、イメージと実際との間には、必ずズレが
生じるものだからです。

理想のイメージと実際のパフォーマンスのズレを
検証し、改善していく中で成功の二文字が
引き寄せられてくるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す