本気で願えばいつかは叶う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたが願望を抱けると
したら、それを叶える力が
あなたの中にあるということだ。
だけど、それを叶えるためには
努力をしなければならない
だろうね。」

 

(リチャード・バック 小説家)

                   

 

人は、一時的なら「分不相応」な願望を
抱くことができます。

「プロ野球選手になりたい」

「大金持ちになって遊んで暮らしたい」

小学生でも夢想できるような、他愛のない願望を
持つだけなら努力も不要です。

しかし、どんなに大風呂敷を広げていても、
だんだん「分相応」な願望へと落ち着いてきます。

なぜなら、それが自分には「実現不可能」な
願望だと、
内心では分かっているからです。

たとえば、身体が小さくやせ形の男性は、
「相撲取りになる」ことを夢見たりはしません。

なぜなら、どんなに情熱があっても、
物理的に不可能であることを思い知らされるからです。

逆に、あなたが本気で「相撲取りになりたい」と願い、
そのための精進を続けることができるとしたら、
実現の可能性があるということです。

なぜなら、そこまで本気になれるということは、
それなりに腕っ節にも自信があり、
身体能力にも恵まれているという自負があるからです。

努力が苦にならない人は、いつかは夢が叶う
ことを
心の内で確信しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す