人間の幅を広げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「幅を広げたかったら、
知性を磨くことと
本当の修羅場を
くぐり抜けること。」

 

(久石譲 ピアニスト

 

10年ぶりに再会した人が、
まるで別人のように立派に
変貌を遂げていることがあります。

かと思えば年を食った分、
前より風采が上がらなくなったように
感じる人もいます。

比率的に圧倒的に後者が多いのは、
ご存じの通りです。

では、まるで別人のように変わっていく人は、
どんな人生を歩んできたのでしょうか。

1つはそれなりの修羅場を
くぐってきたことが挙げられます。

ちなみに修羅場におけるキーワードは、
「孤立無援」「理不尽」「絶望」です。

10人いれば9人が逃げ出したくなるような
修羅場をくぐり抜けることで、
自ずと腹が据わってくるのです。

もう1つは知性を磨くことです。

端的に言うと、本を読む習慣を
もつことです。

休日も家に籠もって、読書に明け暮れる
ような生活を続けていると、
だんだん周囲と話が合わなくなります。

仕方ないからまた読書に没頭していると、
さらに話が合わなくなります。

これを繰り返すことで
人脈が入れ替わり、
人生のステージが変わって
いくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す