目の前の相手を大切にする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「他者を尊重しなさい。
そうすれば、自然とあなたも
尊重されるようになる。」

 

(フョードル・ドストエフスキー 小説家)

 

相手をぞんざいに扱えば、自分も同じように扱われます。

尊大な態度で人と接すれば、やがて人は離れていきます。

特に、「立場が下の人」や「年下の人」との
接し方に、その人の本質が表れます。

いくら、普段は感じよく振る舞っていたとしても、
お店の店員さんへの言葉遣いが偉ぶっていると、
帳消しになるのです。

むしろ、あなたの地位や立場が上になればなるほど、
「立場が弱い人間」や「年下の人間」に対しては、
丁寧に接するべきです。

そうした人たちをどう扱うかで、
あなたの人望が決まるからです。

畢竟(ひっきょう)、人とお金が途切れていくのは、
あなたが目の前の相手をぞんざいに扱ったからです。

「他者を尊重する」とは、目の前の相手を
大事に扱っていることが、
きちんと「相手に伝わる」ことです。

「今この瞬間、世界で私だけを大事にしてくれている」
と相手に伝わるからこそ、
相手も最上の「敬意」と「愛情」で応えてくれるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す