腐らない限り人生は何とかなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人間、どんな仕事に
たずさわろうと、
一生のうちに
一度や二度は必ず
痛い目に遭う。
そのとき自分の力が
足りなかったのだと、
あっさり割り切って
いっそう仕事に励むのも
よし。
二度とこんな悔しさは
ごめんだと発奮するのも
よし。一番いけないのは、
いつまでも負け惜しみを
ぐだぐだ言うだけで、
ショックから立ち直れない
ことである。」

 

(藤沢秀行 棋士)

 

上を目指して努力すればするほど、
人は試練にぶつかる確率が高く
なります。

それが自然の摂理だからです。

人生は波のようにうねりながら
進んでいくので、上昇すれば必ず
下降するときが訪れるのです。

だから1度や2度手痛い失敗を喫した
くらいで、腐らないことです。

再起を期してさらに人生を
よりよくしてやろうという志が
あるならば、絶対に腐っては
いけません。

なぜなら腐るということは、
白旗を揚げて戦線離脱をするのに
等しい行為だからです。

「自分には明日がある」
信じている人は、
たとえ一敗地にまみれようとも、
絶対にファイティングポーズを
崩しません。

淡々と為すべきことを為し、
種蒔きを怠らないからこそ、
運気が戻ってきたときに
一花咲かせることができる
のです。

たとえ地獄のどん底に突き落とされようと、
腐らない限り次のチャンスが巡ってくる
のです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す