我慢をやめる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何をするかではなく、
何をしないか。
継続的な成功を手に入れた
人たちは、退屈やストレス、
自分を消耗させることに
気づいたら、それらを
切り離す。」

 

(マーカス・バッキンガム 経営コンサルタント)

 

世の中には、「我慢して何かを行えば成功する」
と考えている人たちがいます。

しかも、そう考える人は相当数にのぼるものと
思われます。

しかし、よくよく落ち着いて考えてみれば
明らかなように、我慢したからといって
成功するとは限りません。

なぜなら、我慢することと成功すること
の間には、何ら因果関係が存在しないから
です。

むしろ、ストレスや退屈を我慢で抑え込むやり方では、
心身共に疲弊してしまうので、いつまでもは
続けられません。

だから、長期的に成功を収めている人の中には、
「我慢して何かを行えば成功する」と考える
ガンバリズムの信者は一人も存在しないのです。

つまり、我慢しているということは、
自然の摂理に逆らっているということです。

何かに我慢している時点で、
「やり方」や「方向性」が間違っている
と気づける感性がなければ、
成功を長続きさせることはできない
のです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す