アイディアを盗む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「優れたアイディアを
全て自分で着想することなど、
誰にもできない。
大切なのは学ぶことであり、
優れたアイディアを実行する
能力である。」

 

(アブラハム・マズロー 実業家)

 

世の中をアッと言わせるアイディアを
思いつけるのは、天才だけです。

そもそも誰も思いつけないアイディアだからこそ、
世の中がアッと言うのです。

では圧倒的多数の凡人は、
アイディアを出すことを諦めなければ
ならないのでしょうか。

いいえ、そんなことがありません。

自分の脳みそで思いつかなければ、
他人のアタマを借りればいいのです。

かの天才芸術家ピカソは、
模倣についてこんな言葉を残しています。

「良い芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む」

つまり、模倣すらできないようでは、
まともな芸術家ではないということです。

ただし、ただ真似するだけならベターにはなれても、
グレイトではありません。

グレイトは真似をして自家薬籠中の物とし、
そこに自分らしさをつけ加えてオリジナルに
変える力があるのです。

一般的に独創性に富むと言われる芸術家にして、
このスタンスなのです。

一般人がアイディアを盗むことに
躊躇する理由など、どこにもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す